化粧水選びでアンチエイジングが変わる|美しい素肌宣言

女性

肌を若返らせる方法

ウーマン

アンチエイジングは、老化の種類によってケアの仕方が少し違います。老化の種類には、紫外線による影響や酸化、乾燥などがあります。紫外線による影響は、紫外線が肌の真皮にまで浸透して肌のハリを保つ繊維を破壊することでシミやシワ、たるみを引き起こします。酸化は、体内で活性酸素が増加することで肌細胞が内側から酸化することで真皮層のコラーゲンの弾力が落ちます。水分や油分不足であると肌は乾燥して、細胞の活動が鈍くなることで結果的にたるみやシワを引き起こします。アンチエイジングをするには、どの老化の種類であるかを判別して適切な化粧品を使っていく必要があります。化粧品に配合されている成分と老化の種類を引き合わせることが大切です。

アンチエイジングに良い化粧品の成分には、ビタミンやコラーゲン、セラミドなどがあります。紫外線による影響で老化が起きている場合には、メラニンの生成を防ぐビタミンCやビタミンEなどが有効成分であると言われています。酸化の場合は、抗酸化力の高いビタミンEやセラミドなどが良いと言われています。乾燥の場合は保湿効果が高いコラーゲンやセラミドが良いと言われています。アンチエイジングの化粧品は、使い続けていくことで老化を抑制することが出来るようになります。加齢に伴って老化は進んでいくため、年齢を感じる頃になってからケアを始めるのではなくその前から継続的にケアを続けていくことで若々しい肌質を維持できるようになります。